左のスクリーンショット、又はここをクリックすると、PLCEmuの動作がアニメーション表示されます。
実際にPCとPLCをケーブルで接続することなく、1台のPC上でユーザが作成したアプリケーション(PLCと通信するアプリケーション)に対してPLCEmuを実行する事により通信テストを行う事が出来ます。(図1.)

実現方法は、PCの中にPLCのデータメモリを擬似的に作成し,その擬似データメモリの内容をFinsの通信コマンドにより読み書きさせています。(図2.)

PLCEmuと通信する際のFinsコマンドはそのまま使用できますので,ユーザが作成したプログラムを変更する事なく,通信テストが可能となっています。

PLCEmuには、スクリプト言語が搭載されていますので、ターゲットの擬似動作をプログラムし実行させる事ができます。


Copyright (C) 2006-2017 SEFA Technology Inc. All Rights Reserved.